FC2ブログ

記事一覧

【公衆トイレフェラ体験談】34歳パート主婦

今日は人妻の尻を野外でじっくり味わいたい気分だったので、3サイトのアダルト掲示板に同内容でこう書き込みをした。

「今日の昼間、屋外で遊べる方いませんか?返信くれたら条件送ります。人妻希望」

10分程度ですぐ返信があったが、48才…。無理…。

待つこと2時間半…ついに狙った獲物が引っかかる…

33才まい「はじめまして●●町で待ち合わせでよければ、いいですよ」

だいぶ遠かったが、田舎の野外で、人妻にしゃぶらせるのも悪くない…

(*´д`*)アハァ

会うことに決め、県道沿いのホームセンターで13時に待ち合わせをした…

やっぱり遠かった。待ち合わせ場所まで1時間かかった。

車を降りて時間までタバコを吸っていると、それらしい女性が遠くの方から歩いてきた…

ジーンズに白いシャツの美人ヤンママ登場! 

「…●●さんですか? あっ、こんにちは」

かわいい! 尻も胸もいい具合にムチムチしている…

尻の穴が舐めたい… 手足をしばってアナルパールを差込みたい…

'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

色々とプレイを妄想しつつ、車に乗せ目的地に向かった…

「子供は?」

「…二人います」

「今日は預けたん?」

「…ううん、今日は旦那がいるから」

…すごい、旦那に子供を見さして、オッサンの汚いチンコをしゃぶりに出てきたのか!?

'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

興奮した俺は、すぐしゃぶらすことにし、路肩に車を停めた。

「我慢できんわ、少ししゃぶってくれん?」

「…うん」

思いっきり日差しが差し込む車の中で、俺はチンコを出した…

「…うふぅ、うん、ぅぐぅ、ちゅじゅぅ」

根元まで深く咥え込み、たっぷりヨダレを出ししゃぶってくれた。

もちろん即尺で。

最高に気持ち良かった…窓を開けると秋風も心地よく、視線を下に落とすと、美人妻がジュバジュバと俺の汚いチンコを美味しそうにしゃぶっている…いきそうになったが、今日はぶち込みたかったので、我慢して目的地のダムに向かった…

案内所のある広場に車を停めた。今日は案内所が休みだったので車も数台しか停まっておらず空いていた。

隅の公衆トイレに入り、大の個室に二人で入った…

すぐにズボンを脱ぎ、しゃぶらせていると、人が入ってきた。

明らかに怪しんでいるのか、なかなか出ていかなかったが かまわずしゃぶらせた。

音は確実に聞こえていたはずだ…ジュポジョポと…

人妻が…家族をおいて…俺のチンコをしゃぶっている…

たまらない…

(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ

「舐めさせて…」

「…うん」

人妻はジーンズとパンティを脱ぎ、俺の顔に尻をむけた…

ムチムチの尻のワレメから、蜜があふれてる… おいしい(*´д`*)

年のわりにはきれいな尻の穴にも、舌を突っ込んで舐めまわした…

「…はぅ、はぁ、あぁぁぅ、入れて…」

バックをゆっくり差し込むと、「ぐぢゅぢゅぅ・・」とやらしい音がした。

根元まで入れ激しく突くと、外まで確実に聞こえる声で人妻はヒーヒーと喘ぎ声をあげた…

汗ばんだ胸をもみしだき、尻を叩いてやると、さらに喜んだ…

「…んぅ、んぅう、いい、はぅ」

「イキそう…くわえて、飲んで」

「…んぐぅ、んふぅ、んふうん」

「…はぁぁ、飲んだ…よ、はぁぁ…」

口の中が俺の精子まみれの人妻は、なんともいやらしく、きれいにお掃除フェラもさせてやった。

・:*:・(*´∀`*)・:*:・

ことが終わり、にこっり笑う笑顔に久々に惚れてしまいそうなぐらい心が動かされたので、

近いうちにまた、このトイレでぶち込んであげる約束をした。







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント